自由は手に入りません!

あなたは

毎日、自由を感じていますか?

 
僕がちょっと気になるのは、

よく、

インターネットビジネスへの誘い文句で
「奴隷のようなサラリーマンから抜け出して

自由な時間を手に入れましょう!」
というような

キャッチコピーが決まり文句化していますが、

はっきりって、

インターネットビジネスでは

自由にはなれないです。

 
誘い文句を鵜呑みにして、

思考停止状態で甘い夢を見る人は

一生自由になれません。

 

もう少しわかりやすく言うと

インターネットビジネスで自由になるのではなく、

インターネットビジネスでの成功の過程で

心が成長するから

自由を感じられるようになるです。

 

つまり、

インターネットビジネスが

自由にしてくれるわけではないのです。

 
例えば、

アメブロでお馴染み、

サイバーエージェントの藤田社長は

起業したてのころは

創業メンバーと週に110時間働いていたそうです。
週に110時間って、

単純に7日で割っても1日16時間弱。

 

時にはオフィスに泊まり込み

休みなくそれを毎日続けていたのです。
さて、

この藤田社長とその仲間たちは

超長時間労働をしていますが、

不自由だったのでしょうか?
きっと、

違いますよね!

 

むしろ、

そこまで夢中になって没頭する仕事があるのは

幸せなことだと思います。

 
いいですか、

ここ重要ですよ!

 

幸せや自由を決めるは

外的要因ではないのです!

 

もし、

サイバーエージェントで週110時間働いても

誰かの命令で嫌々働いているなら奴隷です。

 

つまり、

幸せや自由は

内的要因で決まるのです!

 

これがわからない人は、

インターネットビジネスで

多少稼げて独立しても

会社の上司よりも理不尽な客に

振り回されてストレスを抱えたり、

一緒に組んだビジネスパートナーと上手くいかず、

サラリーマン時代と同じように

人間関係でストレスを感じたり、

資金繰りに追われて、

会社の奴隷からお金の奴隷に転職したり

管理が厳しい会社から解放された代わりに、

自分のサボリ心の奴隷になって稼げなかったり、

仕事の受注がなくヒマという拷問を喰らったり、

集客が下手くそでむしろ自由な時間が減ったり

結局はその人が変わらないと、

働き方や環境が変わっても、

きっと今と大差ないでしょうね。

 

真の自由人は

「何かによって自由になる」

のではく

「どんな状態でも自由である」

のです。

 

僕は、

新卒の採用人事や、

大学生の就活支援にやってきましたが、

新入社員がすぐに会社を辞める理由は、

仕事のやりがいを会社に求めているからです。

 

例え憧れの会社に入れても、

配属された部署が希望とは違う裏方だったり、

憧れていた華やかなイメージとは裏腹に

めちゃくちゃ地味でキツイ仕事だったり、

そういう現実に直面して

「自分が思い描いていたものと違う!」

と早々辞めていくのです。

 

仕事のやりがいも自由と同じで、

「やりがいのある仕事をする人」



「やりがいを持って仕事をする人」

とでは、

同じ仕事を与えられても

やりがいは全く違います。

 

前者は、

与えられる仕事の内容に左右されるため

運良く自分が気に入った仕事を命じられなければ、

会社の奴隷になるのです。
後者は、

どんな仕事でも「やりがいを見出す」という

内的な要因でやりがいが決まるので、

自由で楽しい毎日なのです。

 

実際、

インターネットビジネスだって

華やかで稼げる面だけ見せて

塾に勧誘したり

情報を販売していますが、

現実は面倒な作業や

地味な作業も山ほどあります。

 

ですから、

外的要因に依存している人は

その壁にぶつかり稼げないまま辞めていき、

「インターネットビジネスは難しい!」

と自分を正当化するのです。

 

逆に、

今の仕事にも自発的に

やりがいを見い出せる人は

インターネットビジネスにおいても、

多くの人が面倒がってサボるようなことに

楽しみながら取り組み続けるから

成功するのです。

 
これは、

結婚も同じです。

 

世間一般的では

「結婚して幸せになりたい」

とか

「結婚が幸せそうに見えない」

とか

結婚という関係性や

結婚生活という環境に

幸せを期待するから幸せになりにくいのです。

 

結婚という外的要因に依存した幸せなんて、

まぁせいぜい初めの数ヵ月から数年で終わります。

 

そんな人たちを見て、

「結婚ってそんなに幸せそうに見えない」

と結婚してない人は思うのです。

 

今の幸せを感じられない自分を

結婚で変えようとして変えられませんから。

 

結婚するなら、

「この人と一緒に幸せになりたい!」

で選ぶのではなく、

「この人となら一緒に苦労してもいい!」

っていう人を選んだほうが上手くいきます。

 
要するに、

起業にしろ、

就職にしろ、

結婚にしろ、

それら自体に期待するのではなく、

まず、

今の自分のあり方を変えてください。

 

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

おすすめ書籍

2014-10-21_012439

2014-10-21_012005

2014-10-21_012845

アーカイブ