1. HOME
  2. ブログ
  3. 社会科学
  4. マーケティングの効果測定

BLOG

ブログ

社会科学

マーケティングの効果測定

実際にマーケティング活動を行っていく上で、効果測定をすることは必須です。

正しくマーケティング活動が行えているのか、もし行えていないのであればどこを修正したら良いのかを把握する必要があります。

この時、「価値の伝達」の5ステップがそのまま効果測定の指標にもなります。

1番目の「気づいてもらう」がどこまで成功しているかを確認したければ、アンケート調査で「◯◯というサービス(商品)を知っていますか?」と聞けば良いわけです。
これを専門用語で「助成喚起」と言います。

2番めの「覚えてもらう」がどこまで成功しているかを確認したければ、アンケート調査で「◯◯(そのジャンル)と言えば?」と聞けば良いわけです。ここで自社のサービス(商品)名が出てくれば、覚えられている証拠になります。
これを専門用語で「純粋喚起」と言います。

3番目の「好きになってもらう」がどこまで成功しているかを確認したければ、アンケート調査で「◯◯(サービス・商品名)の好感度は100点満点中何点?」と聞けば良いわけです。

4番目の「深く知ってもらう」がどこまで成功しているかを確認したければ、アンケート調査で「(提供したい価値)の期待度は100点満点中難点?」と聞けば良いわけです。

5番目の「選んでもらう」については「買う気があるか」「サービスを受ける気があるか」と購入意向を確認すれば良いわけです。

これらを対面、書面、WEBなどのアンケートで調査することで、マーケティング戦略のステップ別の成功度がある程度見えてきます。

あるいは、別の数字で代替して調査することも可能です。

例えば、SNSでどのくらい言及されているかやハッシュタグがついているかで「気づいてもらう」の状態がわかります。

他にも、自社のサービス・商品名で検索されている件数は「覚えられている」の状態を表します。

あるいは、自社のホームページの滞在時間や直帰率などで「深く知ってもらう」の状態も想像できます。

このように、あらゆる手段を使って、マーケティング戦略の成功度を確認し、随時修正を加えながら完成度を高めていきます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事